歯科検診について

  • HOME>
  • 歯科検診について

歯の定期検診を受けさせてあげましょう

予防接種と同じくらい大事なものです

飼い主様のほとんどは、ワンちゃん・ネコちゃんへ欠かせず予防接種を受けさせてあげていると思います。では、歯の定期検診を受けさせている方はどのくらいおられるでしょうか?予防接種と比べると、まだまだ少ないというのが現状だと思います。

歯の定期検診は、予防接種と同じくらい大事なものです。半年に1回のペースでお口の健康チェックを受けさせてあげることで、虫歯や歯周病(歯肉炎・歯周炎)といった病気が予防できるようになります。特に歯周病はお口の中だけでなく、病原菌が血流によって全身にめぐることで、心筋梗塞や肝臓疾患などのリスクが高まる恐ろしい病気です。ですが、こうした歯周病も歯の定期検診を受けることで高い確率で予防できるようになります。

西宮市・武庫川にある武庫川動物病院では、ワンちゃん・ネコちゃんの歯の定期検診を積極的に行っており、飼い主様にもおすすめしています。それは、大切なご家族の健康で幸せな一緒に繋がることだからです。

小さな異変を見逃さないために

ワンちゃん・ネコちゃんは自分でお口の異変を伝えることができません。また、飼い主様もそれに気づけないこともあります。「ずっと一緒に暮らしているのだから、何か変化があれば築くはず」と思われるかもしれませんが、ずっと一緒にいるからこそ見落としてしまうサインもあるのです。

そうした大切なご家族が発するサインにいち早く気づき、早期に適切な治療を受けさせてあげるためにも、動物病院での歯の定期検診はとても大切です。半年に1回のペースで定期的にお口の健康をチェックすることで、その子の普段の健康なお口の状態を知ることができ、それと比較することでどこに・どんな異変が生じているのかすぐに察知できるようになります。

歯科検診でチェックすること

お口全体の健康状態をチェックします

歯の定期検診では、歯垢(プラーク)の付着具合や歯肉の色、口腔内の粘膜の状態など、ワンちゃん・ネコちゃんのお口全体をくまなくチェックします。歯科治療と違い、歯の定期検診では全身麻酔は行いません。安心して半年に1回、当院へ大切なご家族のお口を見せにきてください。