ブラッシング方法

  • HOME>
  • ブラッシング方法

毎日歯磨きするのが理想です

動物のお口の健康を守るためには、ご自宅で毎日、歯磨きしてあげることが理想です。簡単なことではありませんが、根気よく続けることできっと動物も慣れて、スムーズに歯磨きできるようになるはずです。ここでは、ワンちゃんの歯磨き方法をご説明します。

ワンちゃんの歯磨き方法

歯磨き前の準備

1.歯磨きをするその前に

歯磨きを始める前に、まずはお口まわりに触れられることに慣れさせてあげましょう。ワンちゃんが大好きなおかしを見せて「待て」をさせ、ワンちゃんのお口(下顎)をつかみ数秒程度そのままにします。

上手くできたら、ご褒美をあげてたくさん褒めてあげるようにしましょう。

2.口元を触る

ワンちゃんがお口まわりを触られることに慣れてきたら、下顎に添えている手で唇をめくりましょう。焦らず、ワンちゃんが慣れてくれるまで何度も練習しましょう。

3.歯に触る

ワンちゃんが口元に触られるのに慣れてきたら、次は唇をめくった時にさりげなく犬歯をなでましょう。ワンちゃんが嫌がって噛んだりすることもありますので、やはりここでも焦らず慣れるまで待ってあげましょう。

4.お口の中に触る

ワンちゃんが犬歯に触られることに慣れてきたら、今度は唇を大きくめくって歯や歯茎にさわりましょう。これに慣れてくれたら、歯磨きの下準備は完了です。

歯磨き

1.歯ブラシをあてる

「待て」の状態のまま、門歯や犬歯に歯ブラシをあてます。ワンちゃんが歯ブラシを噛まずにいられたら、ご褒美をあげましょう。これで「歯ブラシをあてる=ご褒美がもらえる」と教えてあげます。

ここでご注意いただきたいのが、無理に歯ブラシをあてて痛くしないことです。「歯磨き=痛い」と認識させないようにすることが大切です。

2.歯ブラシを動かす

門歯から小刻みに歯ブラシを動かして、歯を磨いてきます。歯と歯茎の間に歯ブラシをあてることが大事です。柔らかい歯ブラシで優しくケアしてあげましょう。

3.歯を磨く

ワンちゃんが歯ブラシに慣れてきたら、門歯、犬歯、臼歯と歯を磨いてきます。液体またはペースト状のペット用歯磨き剤を使って歯を磨きますが、どれがそのワンちゃんに最適かは獣医師に相談するようにしましょう。

人間のように動物も毎日歯磨きすることが大事

虫歯・歯周病予防に効果的です

人間が食後、歯を磨くように、動物も毎日歯磨きすることが大事です。そうすることで歯垢(プラーク)や歯石などの汚れが溜まらなくなり、効果的に虫歯や歯周病(歯肉炎・歯周炎)が予防できるようになります。

人間のように「アーン」とお口を開けていられない動物の歯を磨くことは簡単ではないかもしれませんが、小さい頃から始めたり、根気よく続けたりすることでいつかきっとスムーズに磨けるようになるはずです。歯ブラシで歯を磨くのが難しい場合には、タオルやガーゼを指に巻いて磨くのでもかまいません。また、デンタルガムやアクアデント(お水に混ぜるだけの簡単なケア)といったデンタルケア用品も上手に活用しましょう。

ワンちゃん・ネコちゃんのデンタルケアのことでわからないこと、お困りのことがありましたら、何でもお気軽に西宮市・武庫川にある武庫川動物病院までお問い合わせください。